やんちゃなやんちゃなフラットコーテッドレトリバーのバニラと猫のカイとレイと人族5人の日記
プロフィール

りお

Author:りお
☆バニラ(2006.2.19生まれ)
とってもとってもとーってもやんちゃな
フラットコーテッドレトリバーの女の子

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欲しい欲しいと、思い続けて1年あまり。

やっとポチッとして、黒いニャンコが届けにきてくれましたー

081101
ビヨルキスざーんす♪>今さらですが(;^ω^A


081102
色でさんざん悩んだくせに、やっぱりバニラの定番カラーのピンク!

さぁーービヨルキスつけて水遊び行くぞーーー!!


先月末に梅雨明けしたはずのバニラ家地方・・・・・・・気象庁のうそつきっ!
今月に入ってから 「青空ってなんですか?」って位 お天気悪しー
せっかくお遊び解禁になったのに、まったく遊べてません。
術後1か月検診で、張り切って「泳がせてもいいですか?」って聞いた私ってーーガ―(´・ω・|||)―ン!!

081103
泳げなくていじけてるわけではなく、ワルワルして怒られて反省ちうー(笑)


081104
もうちょっとでパパもママもお休みになるし、お天気良くなったらダッシュで水遊びしに行こうね~♪
バニラの手術から約1か月。
念には念を入れて、と言われていたレントゲン検査へ行ってきました。

まずは、触診。>お腹イタタの件も合わせて
聴診器、触診ともに異常なし!傷の具合も良好!お腹イタタももう大丈夫ー!

その後、レントゲン検査へ先生と向かったバニラ。
しばらくの時間 待合室で待っていたら、
診察室の奥から「ちょっ、ちょっと待って バニちゃんっ!」と看護師さんの声。
ダダダーッと看護師さんを引きずるようにして戻ってきました(笑)

で、レントゲンの結果は、気管支にほんの少し石灰化が見られる部分もあるけど
今回の写真では異常が認められるところはなし!次の検査は2か月後ですー
お遊びの許可も出ました♪

腫瘍を発見してから1か月半、、、、やっとここまで来ました!(´;ω;`)
一番頑張ったのはバニラだね。本当にイイコだったよー

そんなイイコのバニラは、カイ兄ちゃんを見つけて「遊んでー」とお願いしてます。
080101
「カイにいちゃん あそぼうよーー」

どうやら、カイ兄ちゃんには「ウザいから嫌!」と断られた模様(笑)
080102

080103
「わたち イイコなのにねぇ、どうしてカイにいちゃんあそんでくれないの?」

それはね、バニラのテンションに付き合ってられないからだと思うよ~(;^ω^A
バニラが眠い時は、カイ兄ちゃんもそばにいてくれるでしょ?

バニラが術後、元気がなかった時はそばにいる事が多かったカイとレイ。
末っ子バニラが心配だった様子でしたが、元気になったらまた元の関係に。
レイには「アンタ ウザいのよ!シャーーー!!」と怒られてます(* ̄m ̄)
3ピキでお昼寝するのを見れるのはいつになる事やら(笑) 
7月2日の手術から3週間、23日の木曜日にやっとエリザベスから解放!!

「最初は傷を舐めたり噛んだりしないか、目を離さない状態で外してください」と言われていたので、
土曜日に外して、シャンプーもして「♪♪」って感じの予定だったのですが、、、、、

木曜の夜ごはんの後、しばらくしたらバニラが私のところへ来て「ピーピー」と鼻泣き。
出かける様子もない私にピーピー泣くのは すっごくめずらしい。
「バニ、どうしたの?」と声をかけるとソワソワ。
チッチだなと思って外へ連れて行くと、走って行ってウンPスタイルに。
ご飯前にもしたのになぁ、でもエリザベスつけてると落ち着いてできない時もあるからなぁと
あまり深く考えずに 「バニ、イイコだったねぇ」と褒めて家の中へ。

家の中へ入ってから5分も経たないうちに またソワソワしてるなぁと思ったら
あんなにビビって入れなかった お部屋のトイレに入ろうとしています。
「バニラ、トイレ?」と聞くと リビングのドアまで行ってピーピー。
これはちょっとおかしいぞ、と思いながら またウンP袋を持って外へ。
外に出るなり、ウンPスタイル。。。でももうほとんど出ません。
それでも、ちょっと歩いてはウンPスタイルを繰り返すバニラ。
蒸し暑い夜だったので、はぁはぁ言うバニラがかわいそうでエリザベスを外すことに。
病院に電話したら、吐いてないのだったら水抜き食べ物抜きで様子を見るように言われました。
結局、夜中の3時まで 何度もお外でウンPを繰り返しました。

朝にはおさまっていたのですが、病院へ。
触診、聴診器ともに 今はお腹が動いてる様子も、痛くて緊張している感じもないけど
様子を聞く限り、急性の腸炎でしょうと。
吐くという事がなかったので、「食べ物のせいという感じでもないねぇ 整腸剤で様子を見ましょう、
ご飯も少量から様子を見ながらあげてください」と言われて帰ってきました。

で、金曜日はお水をちょっとから始めて 少量を分けてご飯を食べても
お腹イタタにはならなかったのですが、
土曜日の朝ごはんを食べてしばらくしてから また始まってしまいました。

今度は チッチとウンPも持って病院へ行ったのですが、両方とも異常なし。
原因は結局不明ですが、大腸炎との診断。
小腸だと下痢の量が多くて回数は少なく、大腸だと量は少なくて回数が多い事が多いそうです。
お薬も大腸炎に効く整腸剤に変えましょうと言われました。

かなり しょぼぼーんとしています。
072701
「わたち、おなかイタタなのー」

ホントにひどい時は こうやって寝ていることもできなくて、ウロウロと落ち着かず
見ていて とってもかわいそうでした(T□T)
日曜の昼くらいから やっと元気になってきて、ニコニコ笑顔も出るように。
ワルワルする元気も出てきたようです(笑)

072702

最近、すっかり病院の常連さんだねぇ
梅雨明けと一緒に すっきり元気になるといいなぁ
バニラの腫瘍が良性だとわかって ホッとして力が抜けたのか、
世の中3連休なのに、土曜日は仕事だったからなのか、
日曜月曜は、気づくと寝てるという状態だった私。

バニラも常に私のそばでゴロゴロ。
ナデナデしまくりの まったり~とした休日を過ごしました。

傷の具合は、見た目はほぼ完治に近い状態。。。。写真で見るとわからない位ですね。
072101
日に日に良くなっていくのを見ると、ワンコってホント回復力すごいなぁーー!って感心。
筋肉の方も溶ける糸で縫ってあるそうで、こちらは溶けるまでに数か月かかるそうです。

一番寄せて縫ってあった上の部分がまだ かさぶた状態なので、
ハムハムっ子のバニラは、大事をとってまだエリザベス。
072102

ここまで頑張ったんだもん、キレイに治そうね!もうちょっとの我慢だよ!
検査結果が出たとの連絡をもらって病院へ行ってきました。

診断は、良性の『皮膚組織球腫』でした!

診断書を見ながら先生の説明を受けました。
「表皮直下の真皮から皮下組織浅層にかけて、組織球に類似した円形細胞が増殖していることから、
皮膚組織球腫と診断する。」とありました。
腫瘤も完全に切除されていて、血管など脈管内への侵潤もなかったそうです。
皮膚組織球腫は、若齢犬(大部分が2歳以下)に多い良性腫瘍で、転移や悪性化は認められないとのこと。
自然になくなってしまう事も多いそうです。

嬉しい話が続きましたが、先生は「今回は良性でしたが、注意したい点が3点あります。」と。
一つ目は バニラの犬種がフラットだということ。
二つ目は バニラの年齢。
三つ目は 今回腫瘍ができた場所。

組織球腫の中でも悪性のものは一番やっかいで、それが多いのがフラットだと。
年齢的にも気をつけなくてはいけないし、悪性のものがよくみられるのが関節だということ。
今回は悪性の組織球腫ではなかったし、手術前にも内的に腫瘍がないのはレントゲンで
確認済みだけど、バニラの場合は経過観察のためレントゲンを撮った方がいいと言われました。
まずは、今月末か来月初めにレントゲン検査です。

私もフラットに悪性の組織球腫が多いのも どんなに恐いものなのかも知っていました。
今回、腫瘍を発見した時に一番に頭をよぎったのもこれでした。
ネットで検索すればするほど、怖くなって泣きながらバニラを抱きしめたことも(;^ω^A
今回は良性で 涙が出るほどすごく嬉しくてホッとしたけど、
この先もずっとずっとバニラと一緒にいたいから、ずっとずっと元気でいてほしいから
どんな小さな事にも気付いていけるハハでいたいと強く思いました。

心配して、応援してくださったみなさん 本当に本当にありがとうございました!!
みなさんのお気持ち とっても嬉しくて、すごーーーく心強かったです。
来月にはお遊びも解禁になる予定ですので、また遊んでくださいねー

071501
「みなさん ごしんぱいおかけしました!これからもどうぞよろしくね♪」
BACK // HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。