やんちゃなやんちゃなフラットコーテッドレトリバーのバニラと猫のカイとレイと人族5人の日記
プロフィール

りお

Author:りお
☆バニラ(2006.2.19生まれ)
とってもとってもとーってもやんちゃな
フラットコーテッドレトリバーの女の子

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
検査結果が出たとの連絡をもらって病院へ行ってきました。

診断は、良性の『皮膚組織球腫』でした!

診断書を見ながら先生の説明を受けました。
「表皮直下の真皮から皮下組織浅層にかけて、組織球に類似した円形細胞が増殖していることから、
皮膚組織球腫と診断する。」とありました。
腫瘤も完全に切除されていて、血管など脈管内への侵潤もなかったそうです。
皮膚組織球腫は、若齢犬(大部分が2歳以下)に多い良性腫瘍で、転移や悪性化は認められないとのこと。
自然になくなってしまう事も多いそうです。

嬉しい話が続きましたが、先生は「今回は良性でしたが、注意したい点が3点あります。」と。
一つ目は バニラの犬種がフラットだということ。
二つ目は バニラの年齢。
三つ目は 今回腫瘍ができた場所。

組織球腫の中でも悪性のものは一番やっかいで、それが多いのがフラットだと。
年齢的にも気をつけなくてはいけないし、悪性のものがよくみられるのが関節だということ。
今回は悪性の組織球腫ではなかったし、手術前にも内的に腫瘍がないのはレントゲンで
確認済みだけど、バニラの場合は経過観察のためレントゲンを撮った方がいいと言われました。
まずは、今月末か来月初めにレントゲン検査です。

私もフラットに悪性の組織球腫が多いのも どんなに恐いものなのかも知っていました。
今回、腫瘍を発見した時に一番に頭をよぎったのもこれでした。
ネットで検索すればするほど、怖くなって泣きながらバニラを抱きしめたことも(;^ω^A
今回は良性で 涙が出るほどすごく嬉しくてホッとしたけど、
この先もずっとずっとバニラと一緒にいたいから、ずっとずっと元気でいてほしいから
どんな小さな事にも気付いていけるハハでいたいと強く思いました。

心配して、応援してくださったみなさん 本当に本当にありがとうございました!!
みなさんのお気持ち とっても嬉しくて、すごーーーく心強かったです。
来月にはお遊びも解禁になる予定ですので、また遊んでくださいねー

071501
「みなさん ごしんぱいおかけしました!これからもどうぞよろしくね♪」
スポンサーサイト
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。