やんちゃなやんちゃなフラットコーテッドレトリバーのバニラと猫のカイとレイと人族5人の日記
プロフィール

りお

Author:りお
☆バニラ(2006.2.19生まれ)
とってもとってもとーってもやんちゃな
フラットコーテッドレトリバーの女の子

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の術前術後の事をUPしておきたいと思います。

昨日はどうしても仕事が休めなくて、午前中ちょこっと仕事をして外出という形で11時に家へ。
01

02
朝からご飯がもらえないことを不思議に思いながら笑顔のバニラ。
しばらくは こんな笑顔も見れないかもと泣きそうになりました。

お昼に病院に着くように家を出て、病院に着いたらまずは血液検査。
前回の検査で白血球の数値が3800と良くなく(正常値は6000~15000)
当日はもう一度詳しく検査をすると言われていました。
数値的には5240まで上がっていましたが、正常値には少し足りず、
でも詳しい検査ではギリギリの線でOKが出たので手術決定。

病院、先生大好き!なバニラですが、この日はめずらしく待合室でピーピー鼻泣き。
きっと わかっていたんでしょうね。
泣きそうなのをぐっと堪えて笑顔で「バニラ、大丈夫だからね、頑張って」と送り出した時は
振り返りもしないで尻尾フリフリで先生と奥へと入っていったんですけどね。

また仕事に戻って、何度も涙を我慢しながら通常ではありえないスピードで仕事を仕上げ、
定時でダッシュで会社を出て、パパとお迎えに行きました。

で、先生から手術内容の説明。
切除する前の状態と手術中の写真を見せていただきました。
膝の内側であまり脂肪がないところだったので、筋肉ギリギリのところまで切除したそうです。
幸いというか、皮膚にできていてデキモノ自体が動く状態だったので、筋肉への浸潤はないと判断。
肉眼で見る範囲でも取り残しはありませんと言われました。
本当に取り残しがないかは、病理検査の結果待ちですが。
大きく円を描くように切除した皮膚を縫合してあります。
03
親指大のデキモノのせいで こんな痛々しい姿に(泣)

テーピングやサポーターをすると動くたびに擦れて かえって傷口が開くおそれがあるので
むき出しの状態で、舐めないようにエリザベスが一番ベストでしょうと。
傷が大きくてびっくりしたのですが、この程度なら今後動くのに支障は出ないそうです。

切除したモノも見せていただきました。
すぐに病理検査に出して結果がわかるのは10日から2週間。
抜糸もうまくいけばそれくらいでできると言われました。

家での注意点を聞いて、バニラと感動の再会。
無事に家に帰ってきました。

今日も寝ている時間は多いですが、少しずつ元気になってきています。
尻尾もフリフリするようになってきました。
お水飲むのも、ご飯食べるのも、トイレをするのも全部手伝わないとできない介護状態ですが、
『手がかかるコほど可愛い』になってる私たち(笑)
今は目いっぱい甘やかしてあげようと思います。

04

結果もきっときっと良いものだと信じています。

スポンサーサイト
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。